読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスを倒す 『初めてのPHP,MySQL,JavaScript&CSS』

『初めてのPHP,MySQL,JavaScript&CSS』勉強奮闘記

9-4. MySQLマスター④バックアップとリストア

MySQL 初心者

9章ラストきたー
なんか資料作ってたら迷子になってしまた。。。
出直しだこれ。リス終わったらやろう。


データベースに保持するデータは間違いなく何らかの価値のあるものです。このデータを守るためにバックアップを取っておくことが重要です。
またデータベースを新しいサーバーに移さなくてはならない場合もあるのでバックアップをとることが大事です。


1-1. リストア機能「mysqldump」の使用


「mysqldump」を使用するt、データベースやデータベースの集まりを、すべてのテーブルの再作成やデータの再追加に必要な指示を全部含んだ、1つまたは複数のファイルにダンプする(まとめて書き出す)ことができます。

前回作ったpublicationsデータベースの内容をダンプするには、mysqldumpとコマンドを入力します。

mysqldump -u user -p password publications


1-2. バックアップファイルからのリストア


ファイルからリストアを実行するには、mysql実行ファイルにリストアするファイルを<記号を使って渡してこれを呼び出します。したがって、--all-databasesオプションを使ってダンプしたデータベース全体を復元するには次のようなコマンドを使用します。

publicationsデータベースのリストアをしてみます。

mysql -u user -ppassword -D publications < publications.sql


1-3. CSV形でのデータのタンプ


MySQLは、CSV形式などさまざまなタイプの出力をサポートしています。
以下のサンプルは、publicationsデータベースのclassicsとcustomersテーブルのデータをC:\tempフォルダのclassics.txtとcustomer.txtにダンプする方法です。
mysqldump -u user -ppassword --no-create-info --tab=c:\temp --fields-terminated-by=',' publications

なんかふわっとしてしまった。
とにかく10章です!

10章はphpMySQLを使ってデータベースをつくります。
どきどきだ。